亀頭増大術に保険が適用されない理由

masterad_wasm2017

なぜ亀頭増大術には保険が適用されないのか?

亀頭増大術は亀頭が小さくて悩んでいる人がコンプレックスを解消できる施術です。下半身の悩みは男性にとって想像以上に大きく、女性と付き合えなくなる人もいるのです。性行為の場面になると必ず下半身を見られますので、それを避けるために性行為自体を回避する人が少なくありません。亀頭増大術はこの悩みを根本的に解消できる施術ですが、残念ながら保険は適用されないです。その理由はいたってシンプルで、病気には該当しないためです。

風邪やインフルエンザなどは病気と判断されており、放置しておくと命に関わる可能性があります。腹痛や胃痛などは命に直結することは少ないですが、痛みを伴うので日常生活に支障が出てくるでしょう。これに対して亀頭が小さいというコンプレックスは、命に関わることはありません。

亀頭が小さいことが原因で痛みを感じるようなケースもないはずです。それゆえ病気とは認定されておらず、保険は適用されないのです。

美容整形の施術をイメージするとわかりやすい

一重まぶたにコンプレックスを感じている人は美容整形で二重施術を受けることが多いですが、保険は一切使用できません。整形とは身体の形状の一部を変えることが目的で、美容を目的として行われることが多いです。

亀頭増大術は美容が目的ではありませんが、コンプレックスを解消する意味では共通しています。病気の治療が目的ではないため、支払いは全額自費になるわけです。

美容整形や亀頭増大術などの施術を安く受けるために、保険適用にしてほしいと考える人は多いですが、そもそも保険とは無料サービスではありません。亀頭増大や早漏・ED治療などまで適用にしていると、納めるべき国民健康保険料はグンと高くなってしまうでしょう。

コンプレックスの解消のための施術費用を、大勢の人が負担するという考えはフェアではありません。それゆえ亀頭増大術はすべて自費診療となっており、10割の施術費用を自分で支払うことになります。一方で自費での施術になるからこそ、オーダーメイドで自分好みの施術が可能になるメリットもあります。

まとめ

亀頭を増大して短小のコンプレックスを解消できる亀頭増大術は、保険が一切適用とならないです。理由は病気とみなされないためで、美容整形の施術などと同様にコンプレックスを解消することが目的と判断されるからです。世の中のすべての施術を保険適用にすれば、国民が納める国民健康保険料は超高額になってしまいます。

それゆえ今後も自費診療の状態は変わらないでしょう。自分の身体のコンプレックスを解消するのは、全額自己負担が基本だと考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です