「亀頭増大術を保険適用で受けられる」と勘違いさせるような広告には要注意

亀頭増大術に保険は適用されない

亀頭増大術には、亀頭のサイズを大きくしたり軽度の仮性包茎を改善するなど、様々なメリットが備わっています。色々と良い点がある手術ですが、保険は適用されません。病気を治すという目的ではないため、自費診療で手術を受ける形になります。
しかしごく一部のクリニックは、あたかも保険が適用されるかのような広告を行なっているため、注意が必要です。広告で提示されている格安料金を信じて相談に行ったが、実際には高額な費用を請求された、というケースが存在しています。
包茎手術の場合、ごく一部のケースについては保険適用が可能です。悪質なクリニックは、包茎手術と亀頭増大術の料金をわかりにくく表記した広告を使用して、勘違いを誘発させようとします。包茎手術においても保険適用となるのは一部のケースだけですし、亀頭増大術は100%自費診療です。わざと混乱させるような表記を行っているクリニックは、利用しないようにしましょう。

信頼できるクリニックを選ぶ

亀頭増大術は安全性が高い手術ですが、術後に傷跡が残るリスクも存在しています。また効果は永続的でなく、一定期間をすぎると徐々にもとのサイズへ戻るとされています。亀頭増大術を受けるなら、こうした点についてもきちんと説明を行なってくれる、誠実なクリニックを選ぶようにしましょう。
相談をしに行っただけなのにその場で契約を迫られた、というような場合には注意が必要です。悪質なクリニックは患者に考える時間を与えず、その場ですぐに判断させようとします。具体的な費用を提示せずに契約を勧め、患者が手術台に横になってから具体的な料金を提示する、といった悪質なケースも報告されているのです。
亀頭増大術を受ける際には、リスクや費用、そして術後のアフターケアなどについて事前にしっかりと知っておきたいものです。良心的なクリニックなら、カウンセリング時にきちんと料金を提示し、術後のことまで説明を行ってくれます。

まとめ

格安料金をうたっていたり、保険適用の手術と混同させるような表示を行っているクリニックは、信頼性が低いといえます。重要な手術を任せることになるのですから、亀頭増大術を受けるのなら、しっかりと下調べをしてクリニック選びを行いたいものです。わかりにくい広告を提示しているようクリニックには、関わらないのが一番だといえるでしょう。良いクリニックは、患者がきちんと理解してから手術を受けることができるよう、適切な説明を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です